Software Development   GUSUKU
Last updated: 2017/10/26 ● ソフトウェア受託開発を承っております

ダイナミックDNS設定


プロバイダから固定IPアドレスでなく動的なIPアドレスを割り当てられる場合、 登録したドメインをダイナミックDNSで管理する必要があります。
VALUE-DOMAINではダイナミックDNSのサーバーが提供されているので、そこに取得したドメインと動的なIPアドレスの関係を登録することにします。
まず、VALUE-DOMAINのメニューから「ダイナミックDNS設定変更」を選択します。



変更できるドメインの一覧が表示されるので、対象となるドメインを選択します。



選択すると下図のような画面が表示されます。
パスワード欄が空白になっているので、まずパスワードの変更を行います。



「変更」を選択すると下図の画面になります。
「パスワード」欄にパスワードを入力して「変更」ボタンを押下します。


変更が完了すると、下図の画面になります。 このパスワードはCGI等でダイナミックDNS情報を更新する際に使用します。



再度ダイナミックDNS情報の変更を行うためにメニューを開き、「ダイナミックDNS情報」を選択し、



対象のドメインを選択します。



ダイナミックDNS設定情報の画面が開いたら、パスワード欄に先程入力したパスワードが入っていることを確認します。
画面の下の方の「ダイナミックDNS機能」が「無効」になっている場合は「有効にするにはチェックをつけて変更ボタンをくりっ気してください」という表示の上部のチェックボックスにチェックを付けて「変更」ボタンを押下します。



下図の画面が表示されたらダイナミックDNSの設定は完了です。



ダイナミックDNS情報の更新は、
http://dyn.value-domain.com/cgi-bin/dyn.fcg
にアクセスして、ドメイン、パスワード、ホスト名とIPアドレスを入力して更新します。



サーバーから定期的に自動更新を行うような場合は、ダイナミックDNS設定方法と注意事項
https://www.value-domain.com/ddns.php?action=howto
に、DNS更新の方法とツールなどの紹介があるので参照してください。