ライブカメラ2の設置メモ

更新日:2009/08/13

今年の初め頃にサーバーマシンをDNRH-001という小型のファンレスPCに変えたのですが、USB接続のカメラまでの距離が遠いせいか、ffmpegが動作してくれませんでした。

仕方が無いのでWEBカメラ用に玄人志向の玄箱HGをセットアップして、そこにUSBカメラを接続しffmpegを動かすようにしていました。(この記録はありません)
しばらくして、サーバー機をUSBカメラの近くに移動したので、2台目のカメラを用意することにしました。
以下はその時の記録です。

サーバーOS Fedora10
Webサーバー Apache 2.2.11
ストリーミング・サーバー FFmpeg 0.4.8 (ffmpeg & ffserver)
カメラ Logicool Qcam Connect

以下はインストール時の記録から

ライブカメラ設定

上記のカメラ(Qcam Connect)は不採用になりました。
日差しが強い日中の屋外をでは露出の自動調整が出来ず真っ白な画面になってしまうためです。


サーバーOS Fedora10
Webサーバー Apache 2.2.11
ストリーミング・サーバー FFmpeg 0.4.8 (ffmpeg & ffserver)
カメラ Elecom UCAM-DLQ30

新しく採用したのは Elecom UCAM-DLQ30 ですが、これも同様に強い日差しの屋外撮影では役に立ちません。
ただ、Qcam Connect よりは少しマシなのと、他に代わりが無いため、そのまま使用しています。
ドライバは特に入れませんでしたが、接続してlsmod で見てみると、Fedora10に標準で入っていると思われる uvcvideo が使われていました。